トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

Sponsored Links

ゴルフの芯髄をご覧くださりありがとうございます!

今回は、「トゥダウン」のお話です。

ダフリとトップのところで述べました通り、高さのズレの要因の一つがトゥダウンで、ダフリの真因の一つになってきます。

トゥダウンという言葉自体は、それなりにゴルフをやっている方であれば、聞いたことがあるのではないでしょうか?

読んで字のごとく、トゥ(Toe=先っぽ)がダウンする現象です。

ここでは、トゥダウンが発生する原因と影響について説明し、防止と対策について考えたいと思います!

(ダフリとトップの直接的原因はこちら)

ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

2018.08.19

トップの原因は直接的には2つ!アッパー軌道と高さのズレを理解!

2018.08.23

(高さのズレの他の要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

Sponsored Links

トゥダウンが発生する原因

まず、トゥダウンとは、下の写真のようにシャフトが地面方向に湾曲する現象です。(残像で引っ掛けてるのがバレバレ・・・恥ずかしい(笑))

見てお分かりになるかと思いますが、直接的な発生原因は遠心力(にシャフトの硬度が負ける)です。

遠心力が大きくなる、もしくは遠心力に抗う力が小さくなるとより発生するということになりますので、

・クラブが長い
・クラブが重い
・スイングスピードが速い
・シャフトが柔らかい

と、より発生します。

トゥダウンの影響はダフリ・スライス・薄い当たり

では、トゥダウンが発生すると、どんな影響があるのでしょうか?

一つ目は、ダフリです。

高さが地面方向にズレる要因になりますので、トゥダウン以外がアドレス時と同じ状態でインパクトを迎えると、トゥダウンしている分ダフることになります。

二つ目は、スライスです。

トゥダウンが発生すると、クラブヘッドのヒール側よりトゥ側の方がより垂れることになりますので、ライ角がフラット方向に変化してしまいます。

最近よく言われることなのでご存知の方が多いかと思いますが、ライ角がアップライトだとフック、フラットだとスライスになります。

もしアドレス時に適正な(まっすぐ飛ぶ)ライ角でセットアップしていたとすると、トゥダウンによってインパクト時のライ角はフラットになり、スライスすることになります。

最後三つ目は、薄い当たりです。

薄い当たりというのは、いわゆるクラブのトゥ側(先っぽ)にボールが当たることです。

トゥダウンが発生し地面側に湾曲するということは、手前(打者)側にヘッドが寄ることでもあるので、アドレス時よりもクラブのトゥ側でインパクトすることになります。

・・・ダフリかつ薄い当たりっていうのはかなり辛いやつですよね。。

トゥダウンの防止と対策を考える

まず、防止ですが、基本的に硬いクラブを使うしかないですよね。

ただ、あまりに硬いクラブを使うと、撓りがなさすぎて飛距離まで落としてしまうことになりかねません。

それに市販で手に入るシャフトの硬さも上限があるため、スイングスピードが速い人には限界がありますよね。

というわけで、防止することは考えない方が良いと思っています。

防止をするのではなく対策をすれば良いのですが、どんな方法があるでしょうか?

まずスライスについてですが、これはライ角がフラットになることが原因ですので、アドレスの時点でアップライト気味に構えておけばOKです。(正しくは、トゥダウンを見越してクラブのライ角を調整する。ですかね。)

実際、適正なライ角って、構えた時に10円玉がトゥに2枚(3枚でしたっけ?)入るくらいってよく言いません?これって、トゥダウンを見越してのことなんですよ。

次に薄い当たりについてですが、これは手元を浮かせるか、ヒール寄りに構えるかです。

ただ、手元を意図的に浮かせることはあまりおススメしません。加減が難しすぎます(笑)

何も考えずに手元が浮いて、それによって当たりの薄さを回避できているのならそれで良いという感じですかね。ここを意図的に変えていくと、ダフリ・トップにも大きく影響していきますし。お悩みの場合は、アドレス時にボールをややヒール気味にセットしてみましょう。

ヒール気味に置きすぎると、逆に体が勝手に「やばい!ヒール過ぎる!!」と、手を引っ込めるように動いてしまうことがあるので、あまり意識に強く残らない程度で試してみてください。

最後にダフリですが、対策としては大きく二つです。

まずは、最下点をアドレス時より左(打球進行方法)にズラすこと。この方法として、有名なのがアレです!「コックを維持しろ!」です。

ダフリの原因として、よく「コックが維持できていないから」とか「リリースが早いから」とか言われるわけですが、そのキモがここにあったのです。

こちらで紹介しましたように、アドレス時は最下点で構えているはずなので、「コック」だけの問題でダフるはずがないんです!!

それなのに「コックが維持できてないからダフるんだ!」では誤解が生まれてしまいます。やはり、順を追って理解することが大事だと、私は強く思うのです。

話を元に戻しますと、コックを維持することで、最下点がアドレス時より打球進行方向にズレますよね。なので、最下点の前にボールをとらえることができ、ダフリではなくターフをとるということにできます。

コックを維持するというと、コックを維持しようとする人が多いと思うのですが(当たり前やろ!笑)、コックを維持しようとする意識や動きは全く必要ありません

手元の力を抜くだけで、コックは維持されます!!

重要な話だと思うので、具体的には別記事にまとめたいと思いますが、これも「力んでるからダフるんや!」のキモですよね。ほんと、キモは大事ですよ!

もう一つの対策は、上方向への高さのズレを起こす他の要因によって相殺することです。

例えば、プロで意外と多い(特に飛ばし屋に多い)動きが、インパクトでのジャンプです。下はバッバ・ワトソンのインパクトですが、ほぼ浮いてますよね(笑)

引用元:ALBA(http://www.alba.co.jp/lesson/column/article?title_id=29&id=239)

高さのズレを起こす要因は、それぞれまとめていきますので、詳細はそちらから確認してみてください。

ただ、トゥダウンの影響だけを考えると、コックの維持だけで十分だと私は考えています。

(高さのズレの他の要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

まとめ

ということで、今回はトゥダウンに関するお話をさせていただきました。

最初の写真で分かっていただけたかもしれませんが、私自身かなりトゥダウンしてしまう方で、悩まされました。

自慢するわけではないのですが、かなりスイングスピードは速い方で、ただあまりお金はないので(笑)、ダイナミックゴールドの市販のX100が限界です。

それでも、今回書いたようなことを試していけば解決することができましたので、同じように悩んでいる人は試してみてください!

また、気付いていなかったけど、実は不調の原因はトゥダウンだった!というケースもありますので、原因不明の不調に悩まされている人はトゥダウンを疑ってみてください!

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました m(_ _)m

(あくまで私が自身の経験から至った個人の考えになります。断言や決め付けのような表現もあったかと思いますが、その点はご容赦願います。)

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です