ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

Sponsored Links

ゴルフの芯髄をご覧くださりありがとうございます!

今回は、「前傾角度のキープ」のお話です。

ダフリとトップのところで述べました通り、高さのズレの要因の一つが前傾角度の変化で、ダフリとトップの真因の一つになってきます。

前傾角度のキープもよく言われる改善点の一つですよね。ただ前傾角度は、手先足先といった意識しやすい部分でどうにかできるものではないため、なかなか調整するのが難しいと感じている人が多いのではないでしょうか?

ここでは、私が試したきた中で、前傾角度をキープするために効果的だった方法・イメージをご紹介したいと思います!

ポイントは、胸の張り視界です。また、これまたよく議論される「猫背」についても、触れていきたいと思います。

(ダフリとトップの直接的原因はこちら)

ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

2018.08.19

トップの原因は直接的には2つ!アッパー軌道と高さのズレを理解!

2018.08.23

(高さのズレの他の要因はこちら)

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

前傾角度をキープする方法その1:胸の張り

これは、アドレス時よりインパクト時に前傾が深くなってしまう場合の対策です。

ここで早速「猫背」の登場なのですが、昔からゴルフでは、猫背はダメ、背筋(せすじ)を伸ばせというスタンダードがあります。

私は経験上、この猫背と前傾角度のキープに深いつながりがあると理解しています。

猫背でスイングしてみてほしいのですが、インパクトあたりで余計背中が丸まってしまい、前傾が深くなってしまいませんか?

つまり、アドレス時よりインパクト時に前傾が深くなってしまう要因の一つが猫背であると、私は考えています。

その対策として背筋(せすじ)を伸ばせということになってくるのですが、私の場合、背筋(せすじ)を伸ばそうとするとどうも腰が痛くなってしまい・・・3発も打てばもう厳しいです(笑)

そこで私が提唱したいのが、「胸を張る」です!

正確にはアドレス時の胸の張りをスイング中キープできれば良いのですが(そういう意味では、背筋(せすじ)を伸ばせも、アドレス時の背筋(せすじ)の伸びをキープですね)、アドレス時点で少し意識して張っておくことがポイントだと思います。

理屈からいえば、猫背であっても猫背度合いがスイング中キープできれば良いわけです。ですが、キープするためには、意識が必要であると、私は考えます(経験上)。

すなわち、意識にないことはキープできないというわけです。

猫背って、無意識でなりません?無意識ということは、どの程度猫背なのか(曲がっているのか)頭に入っていないということです。頭に入っていないので、キープしようにもキープする対象がありません。

ですので、アドレス時点で少し意識できる程度に胸を張って、スイング中その胸の張り(の意識)をキープするのです。

(猫背の善悪は、最終的には、猫背かどうかではなく、背筋(せすじ)を意識しているかどうかということになりますね。)

Sponsored Links

前傾角度をキープする方法その2:視界

これは、アドレス時よりインパクト時に前傾が深くなってしまう場合にも、反対に浅くなってしまう場合にも効果のある対策です。

前述の胸の張り(または背筋(せすじ)の伸び)の維持で、背中の丸まりにより前傾が深くなってしまうことは回避できそうですが、そもそもの腰からの曲がり具合が深くなったり浅くなったりがありますよね。

この対策は正直難易度が高いと考えています。冒頭で述べたように、手先足先の話ではないので、意識することが非常に難しいです。

私が試してきた中で一番実践しやすく、また効果の高かった方法が、視界のキープです!

どういうことかと言いますと、アドレス時の視界のボール位置(見えている景色の中でボールがどこにあるか)とインパクト時の視界のボール位置を同じにするということです。

例えば、アドレス時に視界の真ん中にあったボールが、インパクト時に視界の上らへんにある場合、アドレス時よりインパクト時に前傾が深くなってしまっています。

これもキープするためのコツがあります。視界の真ん中を維持するのは難しいので、視界の下らへんでボールを見るようにするとやりやすいです。(この辺は個人の感性なので、やりやすいところを探してみてください。)

視界の下らへんで見ようと思うと、少しアゴを浮かせる感じになるかと思います。視界のキープの代わりに、そのアゴの浮き具合をキープすることでも同じ効果を得ることができます。

まとめ

ということで、前傾角度のキープに関するお話をさせていただきました。

1.胸の張りをキープすること
2.視界をキープすること

です!(あくまで私が自身の経験から至った個人の考えになります。断言や決め付けのような表現もあったかと思いますが、その点はご容赦願います。)

私は特に背中の丸まりが酷かったため、胸の張りをキープすることで、大幅に高さのズレが改善されました!

是非試していただくと同時に、こんな方法もあるというのがあれば教えていただきたいです!

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました m(_ _)m

(ダフリとトップの直接的原因はこちら)

ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

2018.08.19

トップの原因は直接的には2つ!アッパー軌道と高さのズレを理解!

2018.08.23

(高さのズレの他の要因はこちら)

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です