膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

Sponsored Links

ゴルフの芯髄をご覧くださりありがとうございます!

今回は、「膝の高さ」のお話です。

ダフリとトップのところで述べました通り、高さのズレの要因の一つが、膝の高さが変わってしまうことです。

単純に言うと、膝がアドレス時より伸びるとトップ、縮むとダフリですよね。

また、膝の高さを変えてはいけないというのは昔からの定番レッスンでもあります。

ここでは、膝の高さが変わる原因について説明し、変えないためにはどうすれば良いかを考えたいと思います!

(ダフリとトップの直接的原因はこちら)

ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

2018.08.19

トップの原因は直接的には2つ!アッパー軌道と高さのズレを理解!

2018.08.23

(高さのズレの他の要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

Sponsored Links

膝の高さが変わる原因

アドレス時とインパクト時で、膝の高さが変わってしまう原因は何なのでしょうか?

私は、アドレス時の曲げ具合が原因であると考えています(経験上、そうたどり着きました)。

想像してほしいのですが、スイング中に膝の高さをこまめに調整するなんてこと、できそうでしょうか?

私はできません(笑)

なので、自然体といいましょうか、無意識にしておけば、勝手にナチュラルな高さに収まってくるものです。

ということは、膝の高さが変わる原因は、アドレス時の膝の曲げ具合にあると考えた方が、シンプルです。

つまり、アドレス時に膝を曲げすぎていると、スイング中伸びることになりますし、逆も然りで、アドレス時に膝を伸ばしすぎていると、スイング中縮むことになります。

これは試してみてもらえばすぐに理解いただけると思います。空気イスに近いくらいに膝を曲げた状態でアドレスして、スイングしてみてください。伸びますよね?逆に、完全に膝を伸ばしきった状態でアドレスして、スイングしてみると、縮みますよね?

(ゴルフで試してみる時は、かなり大袈裟にやってみると分かりやすいですよ!)

膝の高さが変わる原因は、スイング中の自然な高さに比べて、アドレス時に曲げすぎているか、伸ばしすぎているかということになります。

膝の高さを変えないためには?

膝の高さが変わる原因は、アドレス時の膝の曲げ具合と説明しました。

ということは、膝の高さを変えないためには、アドレス時の膝の曲げ具合を適正なものにするということになります。

アドレス時の膝の高さは、皆さんどのように決めていますか?

よくあるのが、軽くジャンプして着地した時の膝の曲がり具合というものではないでしょうか??

これは自然な膝の曲がり具合にするということから一般的になっているのでしょうが、考えてみてください。軽くジャンプする運動と、ゴルフのスイングって違いますよね?

軽くジャンプして着地する時に自然な膝と、ゴルフスイングの時に自然な膝って、本当に同じでしょうか?

運動が変われば、自然な形というのも変わるはず・・・

じゃあどうすれば良いのか?

探すしかありません!

色々試して自分の膝を探してください。

参考に私の場合ですが、伸ばしきった状態から、かかとだけで足踏みしようとした時に勝手に曲がってしまう曲がり具合が、最適な膝でした。

結構伸びている方だと思いますが、周りを見渡すと、曲げすぎている人が圧倒的に多いと思います。

あまり一般論にこだわらず、自分の最適を導き出してください!

そもそも膝の高さを変えてはいけないのか?

ここにきて、こんな見出しです(笑)

ここまで、膝の高さを変えてはいけない前提で話をしてきましたが、そもそも膝の高さを変えてはいけないのでしょうか?

私的答えは、「変えても良い」です。

変えても良いというどころか、膝の高さを変えないと振れないと考えています。

バックスイングでは左膝が曲がって右膝が伸び、インパクトでは左膝が伸び右膝が曲がる動きになると考えます。詳細は追々書いていきたいと思います。

曲げ伸ばしは発生するんですが、前述までの内容に変わりはありません。スイングをコマ送りで捉えると、インパクト付近は結局自然な曲げ具合に収まるためです。

まとめ

ということで、今回は「膝の高さ」に関するお話をさせていただきました。

結論的には、膝の高さは変わって当たり前だが、自然なところに落ち着くので、アドレス時に自然なところで構えましょうということになります。

自分にとっての自然な膝を探す際は、こまめに変えていくのではなく、大胆に探っていく方が良いです。現状よりちょっと曲げてみる、伸ばしてみるのではなく、まずかなり曲げてみる、伸ばしてみるをやってみてください。少しでも打ちやすかった方に答えがあるはずです。そうやって、ザクッザクっと検証範囲を狭めていった方が近道になるはずです!

スイング中は、変に膝の高さを意識しないことも重要ですね!あくまでコントロールが効く部分で調整してあげましょう!

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました m(_ _)m

(あくまで私が自身の経験から至った個人の考えになります。断言や決め付けのような表現もあったかと思いますが、その点はご容赦願います。)

(ダフリとトップの直接的原因はこちら)

ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

2018.08.19

トップの原因は直接的には2つ!アッパー軌道と高さのズレを理解!

2018.08.23

(高さのズレの他の要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です