手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

Sponsored Links

ゴルフの芯髄をご覧くださりありがとうございます!

今回は、「手元が浮く」お話です。

ダフリとトップのところで述べました通り、高さのズレの要因の一つが、手元が浮いてしまうことです。

上級者でも手元が浮いてしまう人は多いのですが、プロではほとんどいません。プロとアマチュアの違いがはっきり出る部分の一つだと思います。

ここでは、手元が浮いてしまう原因について説明し、浮かせないためにはどうすれば良いかを考えたいと思います!

(ダフリとトップの直接的原因はこちら)

ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

2018.08.19

トップの原因は直接的には2つ!アッパー軌道と高さのズレを理解!

2018.08.23

(高さのズレの他の要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

Sponsored Links

手元が浮いてしまう原因

手元が浮いてしまう原因の前に、手元が浮くと何が起こるかおさらいしておきたいと思います。

まず高さがズレるので、トップですよね。

そして、浮くということは前に出るということにもなりますので、シャンクも起こります。

長いクラブになるほど浮きやすくなるので、ドライバーだと、どヒールで、もぐら叩きみたいなショットが出たりしますね。

さて、そんな手元の浮きですが、原因は何でしょうか?

私は、間違ったスイング軌道のイメージにあると考えています。

すなわち、スイング軌道を円軌道と捉えて、円軌道でスイングしてしまうことです。

円軌道でスイングしようとすると、手で持ち上げる動きが生まれ、結果手が体から離れていくベクトルの力が発生し、手が浮いていくということになります。

スイング軌道のイメージは、とにかく下に、下に、下にです!結果的に勝手に円軌道になります。

先ほど、クラブが長くなるほど浮きやすくなると言いましたのは、長いクラブほどフラットな構えになり、「下に」を意識しにくくなるためです。(実際にフラットになるということは、前方向のベクトルの力が大きくなるため、より「下に」振っていくことが求められます。)

特にドライバーは、アッパー軌道で打つのが正解みたいに言われることも多く、アッパー軌道で振って手元を浮かせまくっているケースが目立ちます(ドライバーも下に、下に、です!!)。

手元を浮かせないためには

もう述べてしまいましたね(笑)

とにかく下に下に振っていくイメージを強く持つことです。それができれば特別意識せずとも、手元は浮かなくなっているはずです。

他には、左手主導をやめてみるのも効果的です。左手で振ろうとすると、左手を前に出そうとしてしまいがちで、結果手元が浮いてしまいます。

左手主導っていうのも王道レッスンですが、私は右手(利き手)で打てば良いと考えています。なんで利き手で打たへんの?なんの修業なん?って感じです。このあたりも追々記事にしたいと思います!

まとめ

ということで、今回は「手元の浮き」に関するお話をさせていただきました。

結論的には、正しいスイング軌道を習得すれば勝手に治ります。ので、手元の浮きにクローズアップして考えるのは、良くないかもしれません!

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました m(_ _)m

(あくまで私が自身の経験から至った個人の考えになります。断言や決め付けのような表現もあったかと思いますが、その点はご容赦願います。)

(ダフリとトップの直接的原因はこちら)

ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

2018.08.19

トップの原因は直接的には2つ!アッパー軌道と高さのズレを理解!

2018.08.23

(高さのズレの他の要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

(アッパー軌道(すくい打ち)の防止策はこちら)

アッパー軌道(すくい打ち)を直すには?下向いたまま振りましょう!

2018.08.29

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です