ダフリの原因は直接的にはたったの1つ!高さのズレをしっかり理解!

Sponsored Links

こんにちは、虎鉄です!

今回は、アベレージゴルファーの多くの人が悩む「ダフリ」のお話です。

特に初心者にとっては、ダフリは一番の悩みではないでしょうか?

手は痛いし、全然飛ばないし、クラブは傷つくし・・・まさに踏んだり蹴ったりですよね。

私自身もどちらかというとダフリには苦労したダフラーです。(笑)

そんな辛く悲しいダフリですが、“直接的な”原因はたったの1つであると私は考え至りました。

それは、高さのズレです。

「何を当たり前のことを・・・」と思われるかもしれませんが、この当たり前をしっかり押さえずに、的外れなことを言っているレッスンが本当に多いです!

直接的な原因をしっかり押さえて、じゃあそれを是正するには?というアプローチをとることが絶対に近道ですので、ここで完璧に理解していただけると幸いです。

Sponsored Links

ダフリの直接的原因は「高さのズレ」だけ!

高さのズレとは、すなわち、インパクト時のクラブヘッドの位置が、アドレス時のクラブヘッドの位置より下にきてしまうことです。

(上にきてしまうとトップですよね。)

まさに何を当たり前のことを・・・なんですけど、ちょっと試してみてください。

普通にアドレスした状態から、腕以外は動かさないように、腕だけで適当にクラブを上げ下げしてみてください。(動画撮りたいな・・・)

良い感じに地面を擦れませんか?少なくとも強く地面に当たることはないはずです。

アドレスの時って最下点で構えてるはずですから、手が動くだけだとダフリようがないんですよね。

ここで思い出してほしいのですが、ダフリの原因としてよく言われている一つに「手打ち」ってありますよね?

・・・さっきやってみてもらったことって、まさに「手打ち」ですよね?(笑)

これだけで、「手打ち」がダフリの原因ではない!なんてことは言いません。直接的な原因である「高さのズレ」をすっ飛ばして、「手打ち」なのかな~と行ってしまうと、的外れなことになりかねないということです。

高さのズレが何故起こるのかを考える必要があります!

高さのズレが起こる要因・・・すなわちダフリの真因!

では、高さのズレが起こる要因は何なのでしょうか?

・ヒザの高さが変わる
・前傾の深さが変わる
・地面を蹴ってしまう(かかとが浮いてしまう)
・手元が浮く・沈む
・手首の角度が変わる(コックやリリース)
・クラブにトゥダウンが発生する

といったところでしょうか、たくさんありますね。これらこそが、ダフリの真因であり、解決すべきことなのです。

しかも、これらのだいたいが、上がる方向と下がる方向の両方起こりえますよね。

上がる要素と下がる要素の足し引きで、プラスマイナス0を見つけないといけないのか・・・とても大変な感じがしますが、そうでもありません!

人それぞれ特徴があって、無意識にできること・できないこと、意識して動かせるところ・動かせないところがあります。

自分のそれを理解してやって、無意識の世界を意識して動かせるところで調整してやれば良いんです。

例えば、前傾の深さはちょっと浮く方向になるし意識的に変えられないな・・・でも手元は意識して動かせる!浮いた分、手元を抑えよう!みたいな感じです。だいぶざっくりですが。(笑)

また、別の機会にご説明しますが、スイング軌道が正しいものになれば、プラスマイナス0ではなく少しゆとりを持つことができます!

高さのズレが起こる要因それぞれについての解説と解決するためのヒントについては、長くなってしまうので、次回以降の記事で個別にご紹介していきます!!

(高さのズレの要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

まとめ

ということで、ダフリの原因は直接的には高さのズレだけであると説明させていただきました。

何が高さのズレを起こしているのかは、人それぞれですので、自分のスイングを理解することが大事です。動画を撮ったり、人に見てもらったりして、確認してみましょう!!

自分に何故高さのズレが発生しているのかを確認せずに、「手打ち」かな?とか「力んでる」かな?とかにすっ飛んでいくのは危険です!

次回から、高さのズレが起こる要因それぞれについての解説と解決のヒントをご紹介していきますので、楽しみにお待ちください!

(じゃないと、当たり前のことを長々書いただけになりますので・・・笑)

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました m(_ _)m

(高さのズレの要因はこちら)

ゴルフで猫背はNG?前傾角度のキープには胸の張りと視界のキープ!

2018.08.26

トゥダウンはダフリ・スライス・薄い当たりの要因!防止と対策は?

2018.08.26

膝の高さを変えないためには?アドレス時の曲げ具合で決まります!

2018.08.27

手元が浮くのを防ぐには?スイング軌道のイメージが大事です!

2018.08.28

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です